アロマディフューザー種類ごとの違いまとめ。特徴からメリットデメリットなど疑問にお答え。

おすすめ
スポンサーリンク

ローズマリーの香りが大好きです。

なんていうんでしょう、

スーッとした爽やかさもありますが、

ほんのり甘さも感じるような。

ローズマリーは昔から魔除けや浄化的な意味もあるようなので

何となく玄関に香らせております。

 

ところで、

みなさんはアロマディフューザーってどんなものを使っていますか?

アロマディフューザーっていろんな種類ありますよね。

種類ごとの違いってご存じですか?

何となくわかるーって方もいらっしゃると思います。

 

この記事では

アロマディフューザーってそれぞれどう違うの?
この場所で使いたいけど大丈夫?
この種類のディフューザーを使いたいけど、どんなものがあるの?

などの疑問に答えます。

 

ちなみに

わたしが玄関で使っているものは

ディフューザーというか。。。

まぁディフューザーの一種ではあるのですが・・・・

アロマストーンです。素焼きの石。

こちら↓

無印良品のアロマストーン

 

 

 

 

 

ホコリのったまま写真撮ってしまったの許してください。(やっちまった)

無印良品のやつです。


無印良品 素焼きストーン 10個入 日本製

玄関にコンセントが無いのと、狭い範囲なので

この石を使っています。

↓こっちのタイプもありますね。

無印良品のアロマストーン2

 

 

 

 

 

これも無印。

今はこっちしか見かけないかも・・・?


無印良品 アロマストーン 皿付・白 02868284

これは主にベッド横においたり、

仕事机に移動したりして使っています。

スポンサーリンク

そもそもアロマディフューザーとは

そもそもアロマディフューザーって

どんなもののことをいうのでしょうか

 

アロマディフューザーとは

 

空間に香りを拡散させるための器具
のことを言います。

精油だったりアロマオイルだったりの香りを

ふわっと広げる道具です。

 

精油とアロマオイルの違いについては

こちらの記事をご覧くださいませ↓

実は別物。エッセンシャルオイルとアロマオイルの違い。用途の違いもあるの?使い方までご紹介。
「エッセンシャルオイル」と「アロマオイル」は全くの別物でした。その違いと用途について。

 

精油などをそのまま置いても香りは広がりますが、

より空間に拡散させるには

アロマディフューザーを使ったほうが効率が良いですね。

 

ちなみに

ディフューズ=「拡散する・広める」

という意味なんです。

アロマ(香り)をディフューズ(拡散)する道具・・・・

それがアロマディフューザーです。

そのまんまですね!(笑)

アロマディフューザーの種類

香りを拡散する道具であるアロマディフューザー

色々な種類がありますよね。

デザインで選んでも良いと思いますが、

使用する空間によって使い分けられるよう

拡散方法の違いも知っておくとなお良いですね。

加熱式

加熱式のアロマディフューザーとは

 

熱を加え、揮発(気化)させて香りを広げるタイプ

のことです

アロマポッドやアロマランプなどがこの種類ですね。

受け皿に水を張り、キャンドルやランプの熱で

精油を加熱して揮発させます。

詳しくはこちらの記事にて↓

加熱式アロマディフューザーとは?特徴とメリットデメリット、おすすめの商品もご紹介。
加熱式アロマディフューザーについて。特徴やメリット、デメリットとおすすめ商品のご紹介。

超音波式

超音波式のアロマディフューザーとは

 

精油を垂らした水に超音波を加え、水とともに霧状にして香りを拡散させるタイプ

のことです。

超有名な(?)無印良品のアロマディフューザーもこのタイプです。

これですね↓

無印良品 超音波うるおいアロマディフューザー 約直径168×高さ121mm 82240757

もくもくしゅわしゅわと(?)煙(ミスト)が出ているものがこのタイプです。

小さい子ってこのミストに群がりますよね(笑)

よく外出先で見かけます(笑)

超音波式はミストがでてることから

加湿器にもなるのでは?と思ったり、

アロマ加湿器とどうちがうの?

という疑問もでてきますよね・・・

そこらへんも含め詳しくはこちらの記事で↓

超音波式アロマディフューザーとは?特徴とメリットデメリット、おすすめ商品も併せてご紹介。
ミストがモクモクでるあれ。超音波式アロマディフューザーの特徴やメリットデメリットをおすすめ商品と合わせてご紹介。

気化式

気化式アロマディフューザーとは

 

熱や水を使わず自然に気化(蒸発)したアロマの香りを楽しむタイプ

のことです。

気化式にも種類があって、

  • リード式
  • 送風式(ファン式)
  • 素焼き石やセラミックなどの置物タイプ

などなどがあります。

形は違えど、すべて自然に気化したものを拡散させるタイプです。

マツコの知らない世界でやってた

カートリッジ式アロマディフューザー【EasyAroma】

も、たしか気化式です。

これですね↓


精油の本来持つ良さを発揮しやすいのが

この気化式タイプの特徴ですね。

 

さらに詳しくはこちらの記事で↓

気化式アロマディフューザーとは?特徴とメリットデメリット、おすすめ商品もご紹介。
棒がアロマの瓶にささっているリード式ディフューザーなど、気化式アロマディフューザーについてご紹介。得s長やメリットやデメリットについても。

噴霧式

噴霧式アロマディフューザーとは

 

ディフューザー内のポンプなど圧力を使って精油を霧状に噴射させて拡散するタイプ

のことです。

わたしがこの前見つけた

北麓草水のディフューザーもこのタイプです。

水や熱を加えないアロマディフューザー。素敵なのみつけた。
実験器具みたいなおしゃれなアロマディフューザーみつけたのでおすすめ。置いておくだけで気分が上がりそう。

 

こちらも水や熱を加えず拡散させるタイプですが、

精油そのものの液体を霧状にして拡散するので

しっかりと香るという特徴があります。

 

さらに詳しくはこちらで↓

噴霧式アロマディフューザーとは?特徴とメリットデメリット、おすすめ商品のご紹介
噴霧式と超音波式との違いなど。特徴とメリットデメリット、おすすめ商品のご紹介

まとめ:特徴をいかして素敵な香りを楽しもう

様々な種類があるアロマディフューザー

各機種ごとの特徴も知ると

自分に最適な香らせ方、使い方がわかりますね。

色々と駆使しながら

素敵なアロマライフを満喫しましょう^^

タイトルとURLをコピーしました