ペパーミントってどんな精油?特徴と効能まとめ。禁忌や注意事項も。

精油
スポンサーリンク

ペパーミントの精油について知っていますか?

食用やハーブティでも有名ですね

アロマテラピー検定1級の香りテストにも出題されます。

そんなペパーミントの精油についてまとめました

アロマテラピー検定対策にもどうぞ

スポンサーリンク

【精油】ペパーミントについて

原料植物

ペパーミントの原料植物は多年草でヨーロッパ、アジアが原産です

80cm程の草丈に育ち、近縁種、交配種、品種が無限にあります

ペパーミント

ペパーミント

一般的に使用する精油は

  • ペパーミント
  • スペアミント
  • ハッカ

の3種類です。

その内アロマテラピー検定に出題されるのはペパーミントのみです

タバコ、菓子、薬品など様々な香りづけに使用されており、

ハーブティとしても愛好されています

学名、科名

ペパーミントの学名はMentha piperita

この「piperita」というのは「コショウのような」という意味。

シソ科の植物です

シソ科の他の精油は

  • クラリセージ
クラリセージってどんな精油?効能や特徴まとめ。禁忌や注意事項なども。
アロマ検定の香りテスト1級に出題されるクラリセージ 何となくハーブ系なイメージ。 セージにもいろいろ種類がありますが 今回はクラリセージについて 精油の特徴や効能などまとめました 【精油】クラリセージについて 原...
  • スイートマージョラム
スイートマージョラムってどんな精油?特徴や効能まとめ。禁忌や注意事項も
スイートマージョラムはどんな精油でしょうか? アロマテラピー検定の1級の香りテストにも出題されます 実際、ハーブティや肉や魚料理のハーブとして使用されているようですね そんなスイートマージョラムの特徴などまとめました 【...
  • パチュリ
パチュリってどんな精油?特徴や効能まとめ。禁忌や注意事項も。
パチュリはどんな精油か知っていますか? アロマテラピー検定の1級の香りテストにも出題されますね そんなパチュリについてまとめました アロマテラピー検定対策にもどうぞ 【精油】パチュリについて 原料植物 パチュリの原料...
  • メリッサ
メリッサ(レモンバーム)ってどんな精油?特徴や効能まとめ。禁忌や注意事項も。
メリッサって知っていますか? 「レモンバーム」とも呼ばれ、ハーブティの代表種でもあります アロマテラピー検定の1級の香りテストにも出題されますね そんなメリッサについてまとめました アロマテラピー検定対策にもどうぞ ...
  • ラベンダー
ラベンダー(真正ラベンダー)ってどんな精油?特徴や効能まとめ。禁忌や注意事項も。
ラベンダーの精油ってとても有名ですよね アロマテラピー検定の1級と2級の香りテストにも出題されます ラベンダーの精油には、 真正ラベンダー、スパイクラベンダー、ラバンジン など、種類がありますが ここでは検定に...
  • ローズマリー
ローズマリーってどんな精油?特徴や効能まとめ。禁忌や注意事項なども。
ローズマリーの精油って知ってますか? アロマテラピー検定の1級と2級の香りテストにも出題されますね 聖母マリアがローズマリーの木に青いマントをかけた際、 白い花が青色になったことから 「マリアのバラ(Rose of ...

などなど

抽出部位と抽出法、精油の色

ペパーミントの精油の

抽出部位は

抽出法は水蒸気蒸留法

精油の色は淡い黄色

主な産地

ペパーミントの主な産地は

  • アメリカ
  • イギリス
  • インド
  • オーストラリア

などなど

18世紀にイギリスのミッチャム地方で栽培が始まり

世界各地に紹介されました

香りの特徴、主な成分

ペパーミントの香りの特徴は

ひんやりとした清涼感のある香り

主な成分は

  • メントール
  • 1,8-シネオール
  • メントン
  • リモネン

などなど

メントールが主成分で刺激は強めです

相性の良い精油

ペパーミントの精油は

シトラス、フローラル、ハーバル、ウッディ系の精油と調和します

爽やかなニュアンスを出してくれます

作用

  • 解熱
  • 抗炎症
  • 抗ウイルス
  • 抗カタル
  • 好寄生虫
  • 抗真菌
  • 昆虫忌避
  • 殺菌
  • 刺激
  • 収れん
  • 消化促進
  • 頭脳明瞭化
  • 制乳
  • 免疫調整
  • 冷却

などなど

まだまだたくさんあります

適度に局部に使用することで咳、気管支炎、呼吸器の感染症を緩和します

蒸気吸入が効果的です

強い清涼感はリフレッシュだけでなく

殺菌、かゆみ止め、痛みの緩和、吐き気止め、

呼吸器の障害改善などの用途があります

さすが薬品にも使われているだけありますね

禁忌、注意事項など

妊娠中や授乳中は避けましょう。

幼児も吸入で痙攣を起こすことがあるので避けます

成人でも局部に塗布に限り、広くは塗布しないようにしましょう

まとめ

多くの人になじみが深いペパーミント

清涼感のある香りは夏に使用したくなりますね

<参考文献>

『1回で受かるアロマテラピー1級・2級』成美堂出版

『アロマテラピー精油事典』成美堂出版

精油
スポンサーリンク
さめめじをフォローする
さめめじアロマ
タイトルとURLをコピーしました