レモンってどんな精油?特徴や効能まとめ。禁忌や注意事項も。

精油
スポンサーリンク

料理をはじめ、薬用、香料など世界中で親しまれているレモン

そのレモンの精油がどんなものか知っていますか?

アロマテラピー検定の1級と2級の香りテストにも出題されますね

そんなレモンの精油についてまとめました

アロマテラピー検定対策にもどうぞ

スポンサーリンク

【精油】レモンについて

原料植物

レモンの原料植物は南インド(アッサム)原産と考えられている常緑樹です

レモンの木

レモンの木

古代ギリシャ・ローマ時代にはすでに栽培されていたといいます。

1世紀ごろに南イタリアに伝わり、

7世紀ごろにはペルシア、エジプトにも使用が広がりました。

アーユルベーダやヒンズー教の儀式では重要な役割を果たし、

東南アジアでは消毒と毒消しに使われたそうです。

イスラム世界では、最初は庭園の装飾用として植えられました。

12世紀以降、遠征先から十字軍が持帰るなどして

本格的にヨーロッパや地中海地域に広まったとされます

学名、科名

レモンの学名はCitrus limon

ミカン科の植物です

ミカン科の他の精油は

  • オレンジ・スイート
オレンジ・スイートってどんな精油?効能や特徴まとめ。禁忌や注意事項なども。
アロマ検定の1級と2級の香りテストにも出題される精油オレンジ・スイート なんだかおいしそうな名前ですよね 甘そう。(単純) 精油の効能や特徴についてまとめました 【精油】オレンジ・スイートについて 原料植物 オレンジ...
  • グレープフルーツ
グレープフルーツの精油ってどんなの?特徴と効能まとめ。禁忌や注意事項なども。
精油のグレープフルーツってどんなでしょう? 食べ物の方が親しまれていますよね アロマ検定の1級の香りテストにも出題されます 特徴などまとめてみました 【精油】グレープフルーツについて 原料植物 グレープフルーツが最初...
  • ネロリ
ネロリってどんな精油?特徴や効能まとめ。禁忌や注意事項も。
ネロリの精油ってしってますか? 白くてかわいらしい花からとれる精油です アロマテラピー検定の1級の香りテストにも出題されます そんなネロリの精油についてまとめました 【精油】ネロリについて 原料植物 ネロリの精油はビ...
  • ベルガモット
ベルガモットってどんな精油?特徴や効能まとめ。禁忌や注意事項も
ベルガモットの精油について知っていますか? アロマテラピー検定の1級の香りテストに出題されますね。 昔からコロンやアールグレイティの香りつけにも使用されてきました。 実は果肉は苦くて酸っぱすぎるので昔から薬用以外には使われ...

などなど

抽出部位と抽出法、精油の色

レモンの精油の

抽出部位は果皮

抽出法は圧搾法

精油の色は透明または薄い黄色

圧搾法が主な抽出法ですが

水蒸気蒸留法で抽出されることもあります

主な産地

レモンの主な産地は

  • アメリカ
  • アルゼンチン
  • イタリア
  • スペイン

などなど

現在ではアメリカが一大産地となっています

香りの特徴、主な成分

レモンの香りの特徴は

爽やかな酸味のあるフルーティな香り

生のレモンをかじった時のような、

甘さよりは酸味や少し苦みを感じる心地よい香りです

主な成分は

  • シトラール
  • リモネン

などなど

光毒性をもつフロクマリン類の成分も含まれます

相性の良い精油

レモンの精油は様々な系統の精油と調和します。

ブレンドでつかうと、爽やかでシャープな酸味と

軽い苦みが全体を引き締めてくれます

作用

  • 肝臓刺激
  • 強壮
  • 抗ウイルス
  • 抗炎症
  • 抗菌
  • 抗リウマチ
  • 殺菌消毒
  • 循環促進
  • 消化促進
  • 食欲増進
  • 収れん
  • 鎮痙
  • 鎮静

などなど

精油とは違いますが、ビタミンCの供給源として

壊血病の対策にも利用されました。

フランスの過去の研究では、レモンの精油をスプレーすると

微生物などが速やかに不活性化されたことが報告されています。

昔から料理にレモンを添えたり果汁をかける事は

殺菌の意味もあったのですね

禁忌、注意事項

光感作や皮膚刺激があるので少し注意が必要です

まとめ

爽やかな味と香りのレモン

集中力を上げたり頭がすっきりするとも言われているので

検定の勉強時にもぜひ使いたい香りです

<参考文献>

『1回で受かるアロマテラピー1級・2級』成美堂出版

『アロマテラピー精油事典』成美堂出版

 

精油
スポンサーリンク
さめめじをフォローする
さめめじアロマ
タイトルとURLをコピーしました