ジャスミンってどんな精油?特徴や効能まとめ。禁忌や注意事項も。

精油
スポンサーリンク

ジャスミンの精油ってどんなでしょうか?

香水とかにも良く使われているイメージの香りですね

そんなジャスミンの精油の特徴などをまとめました

スポンサーリンク

【精油】ジャスミンについて

原料植物

原料植物はつる性の植物で一重の白い花を咲かせます

高さは子どもの手の届くくらいにしかなりません

ジャスミン

太陽が沈むとともに花を咲かせ芳香します

夜中に香り、太陽の光で香りが揮発してしまうので

収穫は早朝に行われます

月夜にまるで月光のように輝くので

アラビア語で「ヤスミン(小さな月光)」

という名前が付けられました

ジャスミンの精油を得られるのは一部の品種のみで

ジャスミンティーの香りつけに使われる

茉莉花(マツリカ、ジャスミン・サンバック)は別の品種になります

学名、科名

ジャスミンの学名はjasminum grandiflorumjasminum officinale

モクセイ科の植物です

モクセイ科の他の精油は

アロマテラピー検定の範囲内ではありませんが、

  • キンモクセイ
  • オスマンサス(ギンモクセイ)
  • ジャスミン・サンバック

などがあります

抽出部位、抽出法、精油の色

ジャスミンの精油の

抽出部位は

抽出法は揮発性有機溶剤抽出法

精油の色はオレンジ色

たくさんの花からわずかな量しか抽出できません

水蒸気蒸留法では香りが失われてしまうため

高温をかけずに揮発性有機溶剤抽出法で抽出されます

主な産地

ジャスミンの主な産地は

  • インド
  • エジプト
  • フランス

などです

香りの特徴、主な成分

ジャスミンの香りの特徴は

芳醇で華やかなフローラル調の香り

イランイランと共通する成分をもつのでフローラルな香りを持ちます

イランイランが香りの女王と呼ばれるのに対して

ジャスミンは香りの王様と言われます

主な成分は

  • 酢酸ベンジル
  • cis-ジャスモン
  • ゲラニオール

などなど

相性の良い精油

ジャスミンと相性の良い精油は

シトラス、フローラル、レジン、スパイス系など

香りが強く濃縮されているので、少量ずつ使うと穏やかで優しく香ります

作用

  • 強壮
  • 抗うつ
  • 抗炎症
  • 鎮痙
  • 鎮痛
  • 通経
  • 分娩促進

などなど

禁忌、注意事項

妊娠中など。

香りが強く鎮静作用があるので集中力を低下させる可能性あり

まとめ

アロマテラピー検定で使用されるジャスミンの精油は

ジャスミンティーに使用される

ジャスミン・サンバック(マツリカ)とは違うので注意ですね

ジャスミンの香りを自在に操れたら

なんだかいい女風になれる気がする・・・(?)

<参考文献>

『1回で受かるアロマテラピー1級・2級』成美堂出版

『アロマテラピー精油事典』成美堂出版

『誰も教えてくれなかった精油のブレンド学』BABジャパン

精油
スポンサーリンク
さめめじをフォローする
さめめじアロマ
タイトルとURLをコピーしました