カモミール・ローマンの精油ってどんなの?効能や特徴まとめ。禁忌や注意事項なども。

精油
スポンサーリンク

カモミール・ローマン

ジャーマンとはどう違うのでしょうか?

アロマテラピー検定の1級の香りテストにも出題されますね

そんなカモミール・ローマンの特徴などまとめました

スポンサーリンク

【精油】カモミール・ローマンについて

カモミール・ローマンの原料植物は多年草

背丈が低く20cmほどで横に這うように伸びます

カモミールローマン

カモミール・ローマン

カモミール・ジャーマンに比べて

真ん中の黄色い部分と白い花びら部分が平たい気がします

カモミールジャーマン

カモミール・ジャーマンの花

↑こちらはカモミール・ジャーマンの方

学名、科名

カモミール・ローマンの精油の

学名はChamaemelum nobile

キク科の植物です

キク科の他の精油は

  • カモミール・ジャーマン
カモミール・ジャーマンってどんな精油?効能や特徴まとめ。禁忌や注意事項なども。
アロマ検定の1級の香りテストにも出題される精油カモミール・ジャーマン 私の中ではカモミールはハーブティのイメージが強かったです 香りテストにはジャーマンとローマンどちらも出ますが ここではジャーマンの方についてまとめました...

など

 

「カモミール」というのは

古代ギリシャ人が「カマイメロン(大地のリンゴ)」

と呼んだことに由来します

抽出部位と抽出法、精油の色

カモミール・ローマンの精油の

抽出部位は

抽出法は水蒸気蒸留法

精油の色は薄い黄色

精油の色は

ジャーマンの方がカマズレンが多く含まれるため濃い青色になりますが

ローマンの方は少ないため薄い黄色になります

主な産地

カモミール・ローマンの主な産地は

  • イギリス
  • イタリア
  • ハンガリー
  • フランス

など

何となく個人的なイメージでイギリスはとても似合う気がしてます・・・(?)

香りの特徴と主な成分

カモミール・ローマンの香りの特徴は

リンゴを思わせる、甘く優しい香り

といわれています

が・・・個人的には嗅いでみたときに一瞬「?」となりました(苦笑)

どこにリンゴが?と思い奥の方に潜んでいる香りに意識をめぐらしてみたら

何となくわかった気がしました(経験不足ですね・・・)

主な成分は

  • α-ピネン
  • β-ピネン
  • 酢酸リナリル
  • α-テルピネオール

などなど

相性の良い精油

カモミール・ローマンの精油と相性が良い精油は

  • シトラス系
  • ウッディ系
  • ハーバル系
  • フローラル系

とされていますが

意外と強い香りなので

量が多いと他の香りを消してしまいます

少なめの方が心地よく香ると思いますので配分に注意です

作用

  • 健胃
  • 降圧
  • 抗アレルギー
  • 抗炎症
  • 鎮痙
  • 鎮静
  • 鎮痛

など

禁忌、注意事項

血圧を下げる作用があるので低血圧の人は注意が必要です

またブタクサアレルギーにも注意

まとめ

かわいいお花ですが意外と主張の強い精油カモミール・ローマン

同じカモミールでもジャーマンとは別物です

原料植物の写真と一緒に覚えておくと良いと思います

<参考文献>

『1回で受かるアロマテラピー1級・2級』成美堂出版

『アロマテラピー精油事典』成美堂出版

『誰も教えてくれなかった精油のブレンド学』BABジャパン

精油
スポンサーリンク
さめめじをフォローする
さめめじアロマ
タイトルとURLをコピーしました