ベンゾイン(安息香)ってどんな精油?特徴と効能まとめ。禁忌や注意事項も。

精油
スポンサーリンク

ベンゾインって知ってますか?

「安息香」とも呼ばれ、

フランキンセンスやミルラと同じように薫香として長く使われてきました

アロマテラピー検定の1級の香りテストにも出題されますね

そんなベンゾインの精油についてまとめました

スポンサーリンク

【精油】ベンゾイン(安息香)について

原料植物

ベンゾインの原料植物は熱帯雨林に育つ高木の「アンソクコウノキ」

樹高は12mにもなる落葉広葉樹で

東南アジアが原産です

樹皮に傷を入れると出てくる粘性の樹脂が

空気によって固まったものを採集します

ベンゾイン

ベンゾインの樹脂

樹脂の色は

フランキンセンスより茶色っぽくて(フランキンセンスは白寄りの茶オレンジっぽい)

ミルラよりオレンジより(ミルラはこげ茶っぽい)

かなぁと思います

悪魔を追い払うと信じられてきた香りです

香りをとどめる保留剤としても使用されます

学名、科名

ベンゾインの学名は

スマトラ安息香はStyrax benzoin

シャム安息香はStyrax tonkinensis

エゴノキ科の植物です

エゴノキ科の他の精油は

アロマテラピー検定の範囲内にはありません

抽出部位と抽出法、精油の色

ベンゾインの精油の

抽出部位は樹脂

抽出法は揮発性有機溶剤抽出法

精油の色は濃い茶色

樹脂には酸類が多いため蒸留できず、溶剤抽出法で抽出します

また、精油は粘性が高いため、希釈した状態で販売されます

主な産地

ベンゾインの主な産地は

  • タイ
  • インドネシア
  • ラオス

など

香りの特徴、主な成分

ベンゾインの香りの特徴は

シナモンとバニラにはちみつを足したような甘い樹脂調の香り

おもな成分は

  • 安息香ベンジル
  • ベンジルアルコール
  • 桂皮酸
  • 安息香酸
  • 芳香バニリン

などなど

バニラと共通する成分を含むため

バニラのような甘い香りをもちます

相性の良い精油

ベンゾインは様々な系統の精油と調和しますが

  • レモン
  • オレンジ
  • イランイラン
  • ジャスミン
  • クラリセージ
  • コリアンダー
  • ローズ
  • カモミール
  • シダー

などと好相性です

作用

  • 去痰
  • 抗炎症
  • 抗カタル
  • 消毒
  • 鎮静
  • 保湿
  • 皮膚再生

などなど

昔から様々な化粧品として流行してきました

また、和らげると同時に刺激もするため

不安やイライラがあるときの鎮静と

無気力状態の活性化にも効果的といわれています

禁忌、注意事項

特にありませんが、まれに皮膚刺激があります

また、吸入するときはアルコールに希釈してチンキ剤を作ってから

熱湯に数滴入れるとよいです

まとめ

安息香というだけあって甘く安らぐ香りのベンゾイン

同じ樹脂から抽出するフランキンセンスやミルラと違い

溶剤抽出法なことは要注意ですね

<参考文献>

『1回で受かるアロマテラピー1級・2級』成美堂出版

『アロマテラピー精油事典』成美堂出版

精油
スポンサーリンク
さめめじをフォローする
さめめじアロマ
タイトルとURLをコピーしました